大成不動産
9:00〜18:00
年中無休
2020年02月03日
ブログ

査定という仕事。

私の仕事はまず、査定をして販売に繋げてお客様を見つけて成約してと・・・。

まず査定をさせて頂く事が1つのビジネススタートな訳です。

買取を行う業者であればまたちょっと熱量が違うのかなと思います。

何かを売る・・・。業種で違うのもまた勉強です。

今回、愛車(バイク)を手放す覚悟を決めまして!!

良くある査定サイトに登録をしましたら鬼のようになるなる携帯電話。

2社程、速攻で査定させて欲しい。満足な査定結果ならそのままトラックで

持って帰っていいかと聞いてきます。

勿論。納得の行く金額(買った金額)であればOKといいました(笑)

まぁ。営業畑でずっと飯食ってる奴が論破される訳はなく。

どんな査定。どんな金額。どんな条件。どんなキラーワードが出るか非常に楽しみ

構図は大手業者が何処まで食い込んで来るか?これもまた見もの。

2社同時査定で両者、挨拶と何故かお互いの車両を写真撮影してスタート!!

なんか業者のルールがあるんでしょうね・・・。

さて15分程で終わるといっていたA社も結局B社と同じ時間でフィニッシュ!

これどうすんのかなと思ったら・・。

名刺の裏に査定金額を2社同時に書き上げて、何故か私が結果発表するという。

なぞ儀式。結局、同じ査定額でしたけど・・・(笑)

これ、私が中に入ってる時間に打ち合わせしたな・・。とピンと来ましたので。

今日は売りません!閉店ガラガラでした(笑)得意の、今日しかこの金額出ません!

と言っていましたが。そんなころころ変わる査定では困ると言っておきました。

まぁ、思っていた金額ではあったのですがこれからのフォロー次第でどちらかの

売却先で決めたいと思います。問題は額は勿論ですが誰に売りたいか?

誰に任せたいかだと思います。私も気をつけなければいけないところ。

しかし。名刺裏に金額とはびっくりしましたけどね(笑)

 

 

 

この記事を書いた人
松浦 貴徳 マツウラ タカノリ
松浦 貴徳
賃貸・売買などこの街の不動産に関する全ての事のご相談に真摯にご対応させて頂きます!
arrow_upward