大成不動産
9:00〜18:00
年中無休
2021年10月06日
ブログ

心のバランス

誰しもが順風満帆な事はないと思います。

どちらかと言えば波乱万丈。人それぞれの乗り越える壁は違うと思います。

人間関係やモチベーションの上げ下げも人の心一つ。

肯定する事はあっても各個人ですから否定するばかりではダメだと思います。

所詮、他人事だけど割り切れる人もいれば割り切れない人もいる。

なるべくぶつからないように生きていくのが窮屈になったら一度、壊れる前に

離れるのも一つかなとも思います。

「親の七光りのくせに」あるクレームの最中に最近、実際に浴びせて貰った言葉です。

私はこの言葉は「大嫌い」です。

何故ならこの仕事を始めてまだ1年も経たないそんな時に、当時、右も左もわからい状態

で社長(父)の指示通りに動いた結果、お客様を怒らせてしまった事があります。

暴力団風のそれはそれは怖い人でしたけど。密室の中、コンコンと父の悪口や

会社の悪口、そして私への「親の七光り」にくせに。「ボンボン」「ばか2代目」

などでしたね。当時の自分は自分の事を言われるよりも「父」の事を悪く

言う人にものすごく寂しい気持ちになりました。

仕事中でしたが浜辺に行って一人。泣きましたね。

後にも先にもないくらい思い切り泣いたおかげかどうか。

その日以来、周りなんて気にしなくなりましたね。

正直、あれ以来の恐怖なんて全く感じません。

感謝すべきは「反骨心」を学んだ事。七光り以上の仕事をするという事ですかね。

確かに創業者はすごいと思います。何もないところから全てを捨てて、

仕事をしてる。他人から見れば2代目は楽してるとしか見られないとは思います。

それが世間って奴ですね。それが分かれば非常に楽です。

私は他人から見れば光って見えてるんだそう思った方がよっぽどいいです。

久々に「親の七光り」と言う言葉を聞きました。

確かに忘れかけてた事ですね。日々、精進して進みます。

この記事を書いた人
松浦 貴徳 マツウラ タカノリ
松浦 貴徳
賃貸・売買などこの街の不動産に関する全ての事のご相談に真摯にご対応させて頂きます!
arrow_upward