大成不動産
9:00〜18:00
年中無休
2017年03月10日
ブログ

孤独

「あー。一人に。なりたいわー」って思う事ありますか?

これ、正直誰だって。絶対。うん。あるね。

病んでる訳ではないんですが。1人になるという事に久しく離れている男のお話。

仕事は終わったのが19:45分。ブラック企業に比べればだいぶ早めの帰宅。

今から、山へ登って。さらに翌朝おりて来る事を思うと・・。

今日は辞めとこうとの判断に。ここから物語のスタート。

「うひょー!!一人だーー!!

自由だぁぁぁぁ!!!」

とうかれますが。。。。ピークはここまでです。

シーンと静まり帰る我が家。電気がポツリ着いてます。

「ええぇぇ。点いてるやん・・・。誰もいないのに点いてるやん。。。」

「失礼します」・・。

「キェーーーイイ!!!!」

とにかく威嚇をして暗闇を進む訳です。(泥棒と思っていますから)

まぁ。結局。家に寄った時に単に消し忘れてるだけでこの恐怖感。

もう。疲れる訳です。

その後も、一人暮らしを謳歌する訳ですが・・・。

まぁ。つまらん訳です。

ケラケラ笑うわけでもなく。無の境地でテレビを見る。

朝。カーテンもしてないので夜明けと共に。起床。

朝ごはんなんてイケテル独身は摂らないぜ。

缶コーヒー!モーニングショットだけで決まり!!

な訳ない。確実に10時半には腹減ってます。

あんなに謳歌していた独身時代。何でも自由で何でもOK。

いつしか。家族というルールにの上でしか。僕は踊れなくなっている。。。

不自由が自由に。自由が不自由に。こうなれば。何が自由ですら分らない訳です。

踊らせてくれぃ。

豪快に。かつ軽快に。家族のルールの上で僕はただただ踊りたいんだ。

人間群れちゃいかんと。聞くこともありますが。

群れた方がエエね。と思った孤独な夜で御座いました。










この記事を書いた人
松浦 貴徳 マツウラ タカノリ
松浦 貴徳
賃貸・売買などこの街の不動産に関する全ての事のご相談に真摯にご対応させて頂きます!
arrow_upward